サーバー関連メニュー

トップページ

Google
WWWを検索
サイト内を検索
ランキングナビ

Java6 update 4, update 5でApplet起動不能?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Clip to Evernote

Java6 update 4とupdate 5で、Firefox上でJava Appletが起動不能になるようです。自動アップデートを設定していて、突然Java Appletが起動しなくなった人はバージョンを確認してみてください。

コマンドプロンプトで以下のように java -version とコマンドを打つと、バージョンが出てきます。

C:¥Documents and Settings¥user name>java -version
java version "1.6.0_05"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_05-b13)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 10.0-b19, mixed mode, sharing)

解決方法は三つ考えられます。

  1. Javaをバージョンアップする。ただし、執筆時点ではupdate 5が最新です。
  2. Javaをバージョンダウンする。Java6 update 3にすると、Java Appletは問題なく起動するようです。
  3. Javaのネットワーク設定を変更する。

Javaのネットワーク設定を変更

以下では、解決方法3について説明します。

  1. 設定 → コントロールパネル → Javaコントロールパネル → 基本 → ネットワーク設定を開く。
  2. ブラウザの設定を使用を使わない。一般家庭の場合は、直接接続で大丈夫です。
  3. 了解を押す。

以上で問題が解決しない場合は、一時的にJava6 update 3にバージョンを落とした方が無難です。古いバージョンのJavaは、Archive: Java[tm] Technology Products Downloadでダウンロードすることができます。